読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真面目に考える

「たいていの人びとにとって、知性というのは、反応が鈍く陰鬱で、油切れして操縦じづらい機械である。彼らは、この機械を働かせ、よく考えようとするとき、「物事を真面目に考える」という言い方をする。ーーなんと、よく考えることは、彼らにとっては苦役なのだ。愛すべき動物たる人間は、よく考えようとするたびに、気分が悪くなるらしい。そう、そのとき彼らは「真面目に」なるのだ! そして、「笑いと喜びがあるところでは、思考は何の役にも立たない」ーーこの真面目な動物は、あらゆる「喜ばしき知恵」に対してこんな偏見をもっているのだ。よろしい! ではわれわれは、それが偏見にすぎないことを証明してみせようではないか!」ニーチェ